怪我(ケガ)

犬の後ろ足がケンケン状態に?愛犬がなった元気な犬ほどなりやすい膝蓋骨脱臼の原因や治療法です

投稿日:2016-10-14 更新日:

もう今月は、ウチのサクラさんにとって厄月になっています。

というか、今も継続中で、今後はどうなるかわからないのですが・・・。

小型犬を飼育している飼い主さんには、注意して欲しいケガで犬の脱臼で膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)を知っていますか?

ウチの愛犬のパピヨンのサクラさんが脱臼して、犬の膝蓋骨脱臼になりました。

ということで、今日は愛犬のパピヨンのサクラさんに複合的に降りかかる災難で「犬の後ろ足がケンケン状態に?愛犬がなった元気な犬ほどなりやすい膝蓋骨脱臼の原因や治療法」です。

小型犬で活発な子に多い!突然犬の後ろ足がケンケン状態で膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)になった

突然犬の後ろ足がケンケン状態で膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)になった

もう!このエリザベスカラーが邪魔ね!でも気にならなくなってきたわよ♪器用に水を飲むサクラさん。

愛犬のパピヨンのサクラさんは、ホットスポット(急性湿性皮膚炎)になってエリザベスカラー生活になっていました。

カイくん
ちょっと、オマエのエリザベスカラーが邪魔だワン!
サクラさん
しょうがないじゃない!ガリガリガリ~
サクラさんが足元を通ると痛いわね!
KATE(ケイト)

エリザベスカラー生活にもやっと慣れてきたサクラさんでしたが、その格好で色々なところを歩くので、歩く凶器となっていました・・・。

よくウチの家のキッチンの外を、ネコちゃんがお散歩コースになっているのか歩いているようで、そのたびにウチの犬達は吠えて、激おこプンプン状態になってすごいです。

その日もネコちゃんがどうも外を通ったようで、愛犬カイくんが怒りに行きました・・・。

庭で日向ぼっこをしていた愛犬サクラさんも、勢いよくネコちゃんに怒りに行ったのです。

だけど、急にカイくんがクルっと向きを変えたので、目の前に急に向きを変えた愛犬カイくんが現れ、さすがのすばしっこい&落ち着きがないイタズラ大好き&アスリート犬のサクラさんも不意をつかれました!

カイくん
どれ、戻るかワン!
サクラさん
キャインキャインキャイン!
あら!?サクラさんどうしたの?痛いの?
KATE(ケイト)

その後、愛犬サクラさんは後ろ右足がケンケン状態になってしまいました・・・。

ウチの家族は急にストップしたので、後ろ右足を捻ったか何かで捻挫しているのだろうくらいに考えて、きっと翌日には普通に足をついて走り回っていると思っていました。

ホットスポット(急性湿性皮膚炎)も突然やってくるので参考にしてくださいね♪

犬のホットスポットとは?愛犬が尻尾を噛んで血だらけになった原因に症状と治療法まとめ
犬のホットスポットとは?愛犬が尻尾を噛んで血だらけになった原因に症状と治療法まとめ

9月ももう終わりですが、今月は台風がたくさん来たり、晴れ間の日がほとんどなく曇りや雨ばかり・・・。 雨がキライな愛犬のパ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

犬の膝蓋骨脱臼の原因や症状は?

犬の脱臼で膝蓋骨脱臼の原因や症状は?

サクラさんの事故現場・・・え?オレが悪いのかワン?年とともに動きが遅くなっているカイくん

足を挫いたか、捻挫かと思っていた愛犬のパピヨンのサクラさんは、翌日になってもケンケン状態で後ろ右足を地につけず、3本足で歩いていました。

サクラさん
痛い!痛いわ!
カイくん
ごめんだワン・・・サクラ・・・・
大変!これは脱臼したのか足が折れちゃったのかな?でも、その後にそこまで痛がらないし・・・。
KATE(ケイト)

私たち家族は愛犬のサクラさんの足が心配で、動物病院で診察を受けました。

ついでといっては何だけど、ホットスポット(急性湿性皮膚炎)のエリザベスカラー生活も1週間が経ったので、もう大丈夫か診断してもらおうと思ってました。

ん~サクラちゃんはどうも犬の膝蓋骨脱臼ですね!
動物病院の先生

ところが、サクラさんのびっこは捻挫でも骨折でもなくて、犬の膝蓋骨脱臼でした。

犬の脱臼で膝蓋骨脱臼になる原因や症状を紹介します。

 

膝蓋骨脱臼は原因が2つあります

膝蓋骨脱臼になる原因

犬の脱臼で膝蓋骨脱臼とは、犬の膝のお皿が転移してしまうことです。

犬の膝のお皿が、内側または外側、両方に転移してしまう状態を膝蓋骨脱臼といいます。

膝蓋骨脱臼の原因は、2つあります。

  1. ケガなどによる外傷が原因
  2. 先天的な遺伝が原因

今回の愛犬サクラさんは①のケースで、急激な運動で膝に負荷がかかり脱臼して膝蓋骨脱臼になってしまいました。

また、②のケースの先天的な遺伝は小型犬に多いようで、生まれつき膝やじん帯のバランスが悪くて膝蓋骨脱臼になりやすいようです。

 

膝蓋骨脱臼の症状

犬の脱臼で膝蓋骨脱臼の症状としては

  • ケンケンをしている状態になっている(軽症の場合、ほとんどか全く症状がでない)
  • 時々びっこをひくけど、犬が足を自分でのばしたりすれば回復する。

このような症状が出た場合には、膝蓋骨脱臼になっている可能性があります。

診断は動物病院の先生による触診、レントゲン検査で診断してもらいました。

チワワは膝蓋骨脱臼に先天的な遺伝でかかりやすいので参考にしてください。

最も小さな犬種チワワの性格は?体の大きな犬にも臆せずに向かっていく種類や平均体重などまとめ
最も小さな犬種チワワの性格は?体の大きな犬にも臆せずに向かっていく種類や平均体重などまとめ

日本の人気犬種ランキングでも、常に上位に入っているチワワです。 某CMのチワワのクーちゃんで人気が急上昇して、私の周りで ...

続きを見る

 

注意!犬の脱臼で膝蓋骨脱臼の治療法と注意点

犬の脱臼で膝蓋骨脱臼の治療法と注意点

ちょうどウチの地元でやっていたガン患者のチャリティーイベントです。

犬が膝蓋骨脱臼になってしまった場合は、治療法がわかれます。

サクラさん
足が痛くて地面に着けないけど、走れるわよ♪
カイくん
おぉ・・・オマエはすごいな!器用だワン!
サクラはすごいわね♪

膝蓋骨脱臼の症状や発症年齢・犬種・体重によって治療法は内科的治療か外科手術にわかれます。

具体的には、どういった場合で膝蓋骨脱臼の治療法がわかれるのか?気をつける注意点を教わったので説明していきます。

 

ペット保険は適用できますか?

膝蓋骨脱臼の治療法

膝蓋骨脱臼の治療法は

  • 小型犬に見られる軽症例の場合は、簡単な治療(痛み止めの投薬、内科的治療)
  • 重症の場合は、外科手術

膝蓋骨脱臼ーVOA

このように治療法がわかれます。

併せて、サプリメントなどを使用して、関節を修復していきます。

今回のウチの犬のサクラさんの場合は、まだどれほどの症状なのかわからなかった為に、痛み止めの薬で様子見ということになりました。

追記 2018/10

友達のボストンテリアが膝蓋骨脱臼になって、動物病院の先生に「もう治らないかもしれない」といわれて諦めかけて、ダメ元でグルコサミン入りの輸入版アースリスージゴールド(国内産アースリーアーマーゴールド)を与えたところ、回復しました!

created by Rinker
NaturVet(ネイチャーベット)
¥7,000 (2019/07/19 16:54:34時点 Amazon調べ-詳細)

ただし、重症の犬の場合は外科手術が必要になり、外科手術になると20~30万円と高額になります。

小型犬は華奢な足で激しく運動するので、膝蓋骨脱臼になりやすい犬種です。

膝蓋骨脱臼は、ペット保険でもカバーできる会社は数社しかないので、小型犬の飼い主さんはよく考えてください。

犬の手術や通院をカバーできるペット保険について選び方など参考にしてください。

犬のペット保険の選び方は?資料請求をして比べてわかった選ぶポイントまとめ
犬のペット保険の選び方は?資料請求をして比べてわかった選ぶポイントまとめ

ホットスポット(急性湿性皮膚炎)で出血してエリザベスカラー生活から始まり、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯損傷、そして奥歯の抜歯と ...

続きを見る

 

安静第一!膝蓋骨脱臼の注意点静養時の注意点

そして、動物病院の先生から以下の膝蓋骨脱臼の注意点が与えられました・・。

  • 休息大事!おとなしくさせる事!散歩は控えてください!
  • 太ると余計に膝に負担がかかるので、食事を与えすぎないように!
  • フローリングなど滑る床は犬の足に負担になるので、じゅうたんやカーペットなどを敷いてください!(前のゴールデンレトリバーのジョンくんの時も同じ事を言われたわ・・・。)

愛犬サクラさんは最近体重が増えてきたので、膝蓋骨脱臼の治療のためにもダイエットさせます。

また、ワンパク娘なので大人しくさせるのは中々難しいですが、足に負担がかからないようにフローリングの床に滑り止めマットを敷きました。

 

スポンサーリンク

まとめ 先天性の膝蓋骨脱臼もあるので不安に思ったら動物病院で診断してもらいましょう

安静!
まとめ 先天性の膝蓋骨脱臼もあるので不安に思ったら動物病院で診断してもらいましょう

大人しくしなさい!

今回は、愛犬カイくんが突然向きを変えた事により、フローリングの床で急ブレーキをかけて膝に負荷がかかり、膝蓋骨脱臼になってしまった愛犬サクラさん。

膝蓋骨脱臼は、軽度だと痛み止めの薬で自然治癒の様子見となりますが、重度になると外科手術となります。

サクラさん
大人しくする・・・痛いんだもの・・・
カイくん
大事になってすまないワン!
もう・・・アナタは厄月なのかしら?
KATE(ケイト)

という事で、エリザベスカラーをつけたまま帰ってきました・・・。

残念ながら、まだホットスポット(急性湿性皮膚炎)の尻尾の方も先生にかさぶたをとってもらったところ、「あと1週間くらいかかります!もうしばらくこのままで!」との事でした。

あの愛犬サクラさんも、痛い膝を動物病院の先生にいじくりまわされたせいなのか、痛み止めのお薬が効いているのか、初日はおとなしくて眠い感じでした。

小型犬は先天性で膝蓋骨脱臼になりやすい(足が細いのに運動量の多い子など)ので、気をつけましょう!
動物病院の先生

愛犬のパピヨンのサクラさんは、翌日になったらびっこをひいていた片足もつくようになり、元気に走り回ったり&ソファーに飛び乗ったりしていました。

「よかったね!」とはならずに、この後も災難が続く愛犬サクラさんなのでした・・・。

created by Rinker
ネイチャーベット
¥10,000 (2019/07/19 16:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

膝蓋骨脱臼で安静にしていないとこのようなケガを引き起こすので参考にしてくださいね♪

犬の足がびっこ・ケンケン状態に!愛犬が前十字靭帯損傷・断裂になったので治療法や手術とリハビリなどまとめ

怪我(ケガ)

2016/10/23

犬の足がびっこ・ケンケン状態に!愛犬が前十字靭帯損傷・断裂になったので治療法や手術とリハビリなどまとめ

手術後3日目ということで、今日も動物病院に愛犬サクラさんの様子を見に行きましたが、「ク~ン、ク~ン」と滅多に甘えた声を出さないサクラさんが、おウチに帰りたそうに泣いていました・・・。 もう少し我慢して、腫れが引いてきたら帰ろうね♪頑張ってねサクラさん。 前回の膝蓋骨脱臼から発展して更に重症になってしまった犬の前十字靭帯断裂ですが、どのような原因や症状、治療法があるのでしょう? 愛犬が足を地面につけずに宙ぶらりんの状態は、見ていてかわいそうで心配になります・・・。 ということで、今日は愛犬サクラさんに降りか ...

続きを見る

根尖膿瘍って知ってる?愛犬が手術中に抜歯!?歯磨きをしないとなる怖い病気とは?

病名

2016/10/29

根尖膿瘍って知ってる?愛犬が手術中に抜歯!?歯磨きをしないとなる怖い病気とは?

しばらく安静ですが、無事愛犬のパピヨンのサクラさんも退院して、仔犬以来のゲージ生活を術後1週間強いられていました。 昨日やっと1週間が経過したので、ゲージから出したら、走り回るし、飛び跳ねるし、ただいまストレス発散をしているウチの愛犬サクラさんです。 でも、愛犬サクラさんが受けた前十字靭帯損傷の手術の説明を動物病院の先生からされた時に、「ついでに奥歯を抜歯しておきました♪」といわれました・・・。 犬の歯周病から発生するとっても怖い病気で、根尖膿瘍(こんせんのうよう)って知っていますか? 犬の歯磨き、歯がと ...

続きを見る

-怪我(ケガ)
-, ,

Copyright© カイとサクラ , 2019 All Rights Reserved.